無料相談はアイシア法律事務所

遺産分割の方法

遺産分割の方法

遺産分割には、大きく分けて①現物分割、②換価分割、③代償分割の3つの方法があります。どの遺産分割の方法を選択するかは相続財産の内容によって決定します。
まとまらなかった遺産分割協議も、遺産分割の方法を工夫することによって話し合いがまとまることがあります。

現物分割

現物分割とは、相続財産をそのまま各相続人に分配する方法です。
例えば、相続財産が株式、土地、建物であり、相続人が長男、次男、長女の3人である場合、株式は長男、土地は次男、建物は長女が取得する方法です。

現物分割のメリットは、相続財産を単独で相続するため、とくに土地や建物については相続財産移転のための手続が比較的簡単です。
他方で、現物分割は、相続財産の価値がバラバラである場合にどの相続財産を取得するかで差を生じてしまう可能性があるため話し合いがまとまりにくい点です。例えば、上記例で株式が300万円、土地が2000万円、建物が1000万円の価値の場合は、誰が土地を相続するかでもめてしまう可能性が非常に高いです。

相続財産に現金・預貯金が多い場合には調整が可能ですが、土地・建物のようなものが多い場合には現物分割は有効な方法ではありません。

換価分割

換価分割とは、株式や土地・建物を第三者に売却し、売却代金を各相続人間で分配する方法です。
例えば、相続財産が株式、土地、建物であり、相続人が長男、次男、長女の3人である場合、株式を300万円、土地を2000万円、建物を1000万円で売却して、売却代金(合計3300万円)を1人当たり1100万円ずつ取得する方法です。

換価分割の方法は、相続財産をいったん現金にするため各相続人間で平等に分けることができるというメリットがあります。
しかし、相続財産の土地・建物が先祖代々のものであり思い入れがある場合や相続人の誰かが住んでいる場合には、土地・建物の売却について相続人全員が同意することが難しく有効な方法ではありません。また、相続財産が上場株式のようにすぐに売却できるものであれば良いのですが、非上場株式や土地・建物の場合には換価に時間がかかってしまいます。さらに、売却代金については相続人全員に所得税が課される可能性がありますので注意が必要です。

代償分割

代償分割とは、相続人のうち1人が相続財産を単独で取得する代わりに他の相続人に対して代償金を支払う方法です。
例えば、例えば、相続財産が株式(300万円)、土地(2000万円)、建物(1000万円)であり、相続人が長男、次男、長女の3人である場合、長男が株式・土地・建物を取得し(合計3300万円)、次男及び長女にそれぞれ1100万円を支払う方法です。

代償分割は、相続財産の中に土地・建物が存在する場合、その土地・建物に住んでいた相続人(両親と同居していた相続人)が土地・建物を相続して住み続けることを希望した場合に選択されるケースが多いです。
他の相続人に対して代償金を支払う必要があり、加えて相続税の支払いも必要となるため、土地・建物を相続する相続人に負担がかかります。土地・建物を取得する相続人は代償金をより少なくしたい一方で、他の相続人は土地・建物を単独で取得したいという要望を受け入れているため代償金は十分支払って欲しいと考えることから、最も争いが生じやすい方法となります。

代償分割については、不動産の価格算定や相続税の知識等も踏まえて各相続人の立場を検討する必要があるため、代償分割の方法を検討する場合には相続に精通した弁護士に相談することをおすすめいたします。
当事務所では、四大法律事務所において相続と税務を担当していた弁護士が、最先端のノウハウを踏まえて対応いたしますので是非お問合せ下さい。